個々の glioma をみる場合、その構成細胞を「分化 diffrentiation 」と「退形成 anaplasia ないし脱分化 dediffrentiation 」という少なくともふたつの軸で捉えることができる。
図A: 腫瘍細胞の形態は分化した astrocytes に類似している。
図B: その腫瘍細胞には GFAP が発現している。
図C: 小型で、まさに未分化な glioblasts に類似する腫瘍細胞。 このような細胞による GFAP 発現はまれである。
図D: 核と胞体が異様な腫瘍細胞。 Astrocytes と判断し得ても、その形態は正常のそれからかなりずれている(異型性・退形成)。 このような腫瘍細胞による GFAP の発現は様々であるが、その頻度は高いものではない。