IICP, Secondary lesion
脳の変位(ヘルニア)による脳実質および血管などへの過度の圧迫・伸展は、ときに続発性病変を惹起し、新たな脳浮腫を生み出し、頭蓋内圧亢進をさらに助長する。
図A: (左)中脳被蓋と大脳原発病巣対側の大脳脚外側に生じた 2 次性出血性病変。 後者は新鮮な Kernohan's notch といえる。 (右)脳幹被蓋の 2 次性出血。 橋被蓋で顕著であり、しばしば「小」の字の形を示す。
図B: 右鈎ヘルニアにより右後大脳動脈が圧排されて生じた視覚皮質を含む 2 次性出血性梗塞。
図C: 典型的な橋被蓋の 2 次性出血。 点状出血とそれらが融合した形をとる。
図D: 原発性橋出血。 脳底動脈穿通枝からの出血で血腫を形成する。