Intracerebral hemorrhage, lateral and medial type hematomas
高血圧性脳内出血と呼ばれる出血のパターン。 外側型、内側型、ときに部位的に混合型とよべるものもある。 出血した血管は血腫に埋没しており、通常、その病理学的検索は困難である。 Microaneurysm と出血の関係が論じられているが、その証明は難しい。 年齢、高血圧、動脈硬化の存在が基盤にあることに間違いはないようである。
図A: 被殻の外側が最も頻度の高い好発部位である。 血腫は被殻と島の間に位置し、白質(外包)を前後に裂くように伸びる(外側型)。
図B: 同様な外側型血腫の比較的小さいもの。
図C: 多少時期の異なる両側性、外側型出血であり、血腫は吸収、修復され cystic scar となっている。
図D: 視床出血で、ここでに見られるように脳室内穿破を起こしやすい(外側型に対して内側型と呼ばれる)。