無脳症(Anencephaly)は脳の癒合障害(dysraphic state)と考えられており、大脳組織は殆ど欠損し、通常、全頭蓋破裂(cranioschisis totalis)を伴っている。 眼球や顔面は形成されている。
図A: 頭部左側面像。 この例では耳介低位、形成異常も伴っている。
図B: 別の症例の頭蓋部を背側から見る。 頭蓋底部が露出し赤黒い組織塊が認められる。 通常、小脳や小脳テントも欠如している。
図C: 頭蓋底部を含む、上記組織塊の冠状断面。 これは血管に富む神経間葉系組織であり、 area cerebrovasculosa と呼ばれている。
図D: 組織学的には、 area cerebrovasculosa は血管、髄膜組織、多数のグリア細胞、未分化な神経細胞、脈絡組織からできている。