図A: 大脳白質の H-E 染色像。 オリゴデンドロサイトは、丸い核と白く抜けて halo を作っているような細胞体を持つ細胞として認識される。
図B: ラット大脳皮質における抗 CNPase 抗体を用いた免疫染色像。 核周囲の細胞体(矢)と周囲の線維状構造物が標識されている。
図C: GFP で標識された大脳白質におけるオリゴデンドロサイトの共焦点レーザー顕微鏡像。 赤で標識された軸索の伸長方向と平行に、多数の突起を伸ばしていることが解る。
図D: 大脳白質の電子顕微鏡像。 軸索を巻いている myelin の横断面が見られる。