図A: 両側前頭葉の冠状断面。 皮質、白質の色調の違いが解る。
図B: 乳頭体を通るレベルでの大脳冠状断面。 島、前障、基底核、淡蒼球、視床が見られる。 レンズ核と視床の間を内包が通り、大脳脚へと連続していく様子が見られる。
図C: 中脳上丘を通る横断面。 中脳水道と周囲の灰白質、赤核、黒質、大脳脚が見られる。
図D: 小脳歯状核を通る矢状断面。 歯状核のリボンは蛇行しつつ、深部白質に位置している。