脱髄斑の組織像。
図A: 脱髄斑の境界部。 脱髄巣(右下)では髄鞘の消失が明瞭。 髄鞘染色像。
図B: 図 A と同一部位の Bodian 染色像。 脱髄病巣では軸索は保たれる。
図C: 急性期の脱髄斑。 マクロファージのび慢性浸潤と血管周囲性にリンパ球の浸潤を見る。
図D: 慢性期の脱髄斑(右下)。 オリゴデンドログリアの著明な脱落と線維性グリオーシス。