Baló's concentric sclerosis, Baló (バロー)病
フィリピンから中国に多発する脱随性疾患。
図A: やや透明感のある同心円状の病巣が大脳白質内に認められる。
図B: 脱髄斑が左右の大脳半球白質内にほぼ対象性に生じている。 髄鞘染色。
図C: 脱髄斑の拡大像。 脱髄領域と髄鞘が比較的保たれる領域が交互に層状・同心円状に配列。
図D: 脱髄巣では反応性の肥大アストロサイトが散見され、オリゴデンドログリアが減少している。