Candidiasis
カンジダは、クリプトコッカスとともにヒトに感染する酵母型真菌の代表で、病原性を発揮するのは主に Candida albicans である。 本症は他臓器、特に消化管、尿路、肺からの血行性伝播により発生する。 院内感染の代表的なものであり、剖検例の集計では最も多いものである。 肉眼的にくも膜は肥厚混濁し、脳は浮腫性である。 割面で脳実質内に出血性壊死巣や膿瘍を認めることがある。 脳実質内には micro abscess が散在し、また肉芽腫性病巣や大小の不規則な出血性梗塞巣が認められることもある。
図A: 右後頭葉に軟化巣を認める。 固定後の後頭葉割面では下頭頂小葉に壊死性病変が認められる(右)。
図B: 病変部では炎症細胞と共に多核巨細胞も出現し、周囲には高度の gliosis が認められる。
図C: 壊死性病変部とは離れた部分に認められた micro abscess。 好中球の浸潤が著しい。
図D: PAS 染色で均一な陽性像を示す、カンジダ発芽胞子(酵母型)と偽菌糸(ウインナー型)。