Tau の異常は astrocyte にも起こっている。 それは、 tufted astrocyte として観察される。 この病変は、 PSP の線条体ではほぼ必発する所見であり、その病理形態学的診断上、極めて重要である。 言い換えれば、 tufted astrocyte の出現しない PSP はない、といっても過言ではない。 大脳皮質では、運動野に好発するが、その数はほとんど認めないものから無数といえるほどのものまで、症例によってかなり異なる。 その同定には、 Gallyas-Braak (G-B)銀染色あるいはリン酸化 tau 免染が必要であるが、その繊細な構造は前者でより明確に示される。
図A: 被殻の tufted astrocyte (G-B 染色)。 明るく、やや大きい核の周辺から放射状にくねくね伸びる表面滑らかな突起が特徴である。
図B: 被殻の tufted astrocyte (リン酸化 tau 免染)。
図C: 大脳皮質運動野(G-B 染色)。
図D: 大脳皮質運動野(リン酸化 tau 免染)。