Upper motor neuron
脊髄側索(錐体路)の変性を上方へ追ってみる。
図A: 大脳脚では、強い皮質脊髄路の変性と、軽いながらもそれより内側に位置する皮質球線維が通る部分の変性がみられる。
図B: 内包後脚の水平断。 ヒト皮質脊髄路は尾側 1/3 を通るとされるが、その部位における変性が明らかである。
図C: 大脳皮質中心前回(運動野)の萎縮がみられる。 全例で萎縮が確認されるわけではない。
図D: 運動野における Betz 巨細胞の脱落。 運動野の検索は脳回に垂直な割面を数レベル採取して行うとよい。 一般に、巨細胞を含む錐体細胞の脱落とグリオーシスが認めれれる。 その程度は症例により異なる、図に示すものはほぼ健常な Betz 巨細胞と、そのそばに Betz 巨細胞の“お墓”と称される lipofiscin-laden macrphages の集まる穴(矢)がみられる。