Parkinson's disease, パーキンソン病
Parkinson 病(PD)は 80 歳も越えると 100 人にひとりの病気といっても過言ではない。 PD は黒質だけを侵す疾患ではないが、その病変が臨床症状との関わりで重要なことに間違いはない。 ここでは黒質を例にとって神経細胞脱落についてみてみる。
図A: 赤核レベルの中脳の割面で、正常ではこのような黒色を示す。
図B: 同様なレベルの PD の黒質。 その退色が著しい。 それは緻密帯のメラニン含有神経細胞の脱落、消失を意味している。
図C: 図A の黒質。 メラニン含有神経細胞が大まかながらグループを形成して分布していることが分かる。
図D: 図B の黒質。 内側から中央部、腹外側部で神経細胞が著しく減少している。