Argyrophilic grain disease (AGD)は、孤発性、晩発性痴呆を呈するひとつの疾患単位として近年注目されてきている。 ややもすると、その罹患率は相当高いかも知れない。 その組織学的特徴は、大脳辺縁系を中心に出現する嗜銀性、リン酸化 tau 陽性の空豆様異常構造物。 この異常構造物は神経細胞の樹状突起内に形成されているという。 実は、この構造物は他の疾患でも同様の部位にみることがあるので診断上、注意が必要である。
図A: 扁桃核を含む側頭葉内側の萎縮がみられる。
図B: 海馬傍回 II-III 層の神経細胞脱落とグリオーシス。
図C: Ballooned neuron の出現(Bodian 染色)。
図D: Neuropil に出現する空豆様の嗜銀性構造物(Gallyas-Braak 染色)。