Hypoglycemia
深昏睡で発見され、著明な低血糖が判明。 意識回復をみないまま 18 日後に死亡した症例。
図A: 大脳皮質中心に広範な脳萎縮をみる。
図B: 同例の大脳皮質組織所見。 皮質第 II 層以下に著明な神経細胞脱落を認める。
図C: 低血糖症ではしばしば海馬歯状回において顆粒神経細胞の脱落を認める。 提示症例では CA1 から subiculm にかけて錐体神経細胞の脱落がみられる(矢印)。
図D: 小脳 Purkinje 細胞は虚血と異なり比較的残る傾向がある。