C: picture C

その白質では、不均一なミエリンの淡明化(実際は、ミエリンと軸策の双方の減少があり「不全軟化」とも表現されることのある病変)がみられる。

戻る