D: picture D

脊髄では、対側の外側皮質脊髄路、同側の前皮質脊髄路のミエリンの淡明化がみられる。 灰白質では、反応性のグリア核の増加をみるが、下位運動ニューロンの脱落はない。 これには、上位運動ニューロンの軸索末端は直接的に下位運動ニューロンに連結していないということが重要との見方がある(介在ニューロンの存在)。

戻る