C: picture C

図 B の光顕像で、その cystic cavity には macrophages (マクロファージ)が残存し、その壁にはかなり線維性をおびた反応性 astrocyte の増生がみられる。 Status lacunatus は組織破壊を伴う病的プロセスである。

戻る