B: picture B

糸巻きのような塊(球状を呈することが多い)としてみえる ubiquitin 陽性封入体で(dense) sphelical inclusion と呼ばれる。 これは、H-E 染色でもこれまで記載のあった round hyaline inclusion や Lewy-body-like hyaline inclusion の ubiquitin 陽性の姿と考えられる。 右端の細胞では、 skein と連続して小さな丸い封入体が樹状突起と思われる部位にみとめられる。

戻る