A: picture A

後索核、とくに薄束核にみられる赤玉(類球体 spheroid)。 軸索末端の膨れであり、逆行性軸索流の障害によって形成されるものと考えられている。 類似の変化は脳梗塞の周辺部にもみられるが、それは軸索切断により、その中枢側が膨らんだものである(順行性軸索流の障害に起因)。

戻る