D: picture D

組織学的には大脳皮質、基底核、脳幹諸核、脊髄前角をはじめ、中枢神経系灰白質の広い範囲でさまざまな程度に神経細胞脱落とグリオーシスが認められる。 左図は大脳皮質、右図は上小脳脚交叉を通るレベルの中脳中心灰白質(縫線背側核)。 いずれも高度の神経細胞脱落が認められる。

戻る