D: picture D

アストロサイトの変化として Alzheimer II 型グリアが有名である。 これは核が大きく、少数のクロマチン顆粒が周辺部に散在しており、細胞体はほとんど判別し得ないのが特徴で裸核グリアとも呼ばれる。 淡蒼球が好発部位であるが大脳皮質、黒質、小脳歯状核などにも出現する。 図はさらに核内に PAS 陽性の封入体を入れている。

戻る