D: picture D

両側の淡蒼球壊死が見られる。 淡蒼球と黒質網様体部(pallido-reticularis)はもともとヘム鉄が多い組織であり、ここに一酸化炭素が直接付いてしまう可能性が指摘されている。

戻る